ENTRY  ARCHIVE  CATEGORY  PROFILE
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


_ a.



 

 

2019SS EXHIBITION

"MAXI COAT" #01/#02/#03

13(thu) - 16(sun)

DECEMBER 2018

 

 

 

_ #01 HIGH DENSITY

 

 

 

_ #02 RUBER COAT

 

 

 

 

_ #03 CUPRO TWILL

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ブランドのキープロダクトである"MAXI COAT" 。

 

_ #01 HIGH DENSITY

_ #02 RUBER COAT

_ #03 CUPRO TWILL

 

_ 2019SS

3種のファブリックで展開される"MAXI COAT"

1プロダクトにフォーカスして

この度のEXHIBITIONを催し致します。

いずれの商品も2019年1月発売予定。

 

2019SS EXHIBITION

"MAXI COAT" #01/#02/#03

13(thu) - 16(sun)

DECEMBER 2018

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

冬らしさがより一層色濃くなり

街並みも、

人々の装いも

冬の色に染まっています。

 

衣服と身体と精神

それに加えて季節の街並み

それぞれが調和してこそ

装いの美しさが人の心を打ちます。

 

季節が移り

新しい一年を迎える。

 

これまでそうでは無かった服種

色やカタチや素材が

魅力的に感じる瞬間がある。

 

その感覚を見過ごしてはいけない。

2019年の新しい装いに。

 

 

THANK YOU !!

FFC.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休

 

 

 



_ b.



 

 

NEW INSTORE EVENT

A, EXHIBITION / B, POP UP STORE

11/29(thu) - 12/2(sun)

 

 

 

 

A,  _19SS EXHIBITION

 

 

表面はコーティングを施したマットな質感

裏糸には太番手糸を

中糸には強撚糸を使用し肉感のある仕上がりのスウェットシャツ。

 

 

 

 

 

 

 

スーピマ100%細番手の高密度平織りファブリック。

 

シャツに使う軽く繊細なタッチの生地に

塩縮加工を施し約10%の縮みを発生させ

ハリとコシ、それに皺が豊かな表情を浮かび上がらせる仕上がりに。

 

 

 

 

 

 

ダブルフェイスのミラノリブ編みニットによるジャージポロ。

表面はコンパクトな凹凸

裏面は綿×ナイロンで支えるハリのあるファブリック。

 

 

 

 

 

 

 B, _18AW POP UP STORE

 

 

 

 

 

 

NEW INSTORE EVENT

A, EXHIBITION / B, POP UP STORE

11/29(thu) - 12/2(sun)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

19SSシーズンより

新しくFFC.に加わるラインナップ。

ぜひ店頭でご覧ください。

 

 

 

THANK YOU !!

FFC.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休



_ river.



 

 

19SS YASHIKI / SAYATOMO

INSTORE EXHIBITION at FFC.

11/22(thu) - 11/25(sun)

 

 

たくさん問い合わせを頂いておりました "YASHIKI / SAYATOMO"の受注会。

11/22 (木) より致します。

 

 

 

_ TEDORIGAWA.

 

 

古くから親しんできた川がある。

その良質な水は農業や生活用水として人々の生活を支えてきた。

"手取川"である。

 

 

メダカを眺めたり、だれが一番大きなザリガニをとれるか競争したり

葉っぱで作った小舟を浮かべているだけで楽しくて

日が暮れるまでいつまでも遊んでいられた。

 

 

大人になって帰省した私が久しぶりに用水路に足を運んでみると

コンクリート製になってしまって

ザリガニやメダカなどの生き物はいなくなっていた。

 

 

子供たちの遊び場も変わってしまったのかもしれない。

用水路のまわりで子供を見かけることすらなかった。

 

仕方ないと割り切って帰りの電車へと乗り込んだ私だったが、

 

 

車窓から見えた夕日と川の綺麗なコントラストは

無意識に毎日見ていた景色と変わらず

 

手取川はあの頃と変わらないままそこにあった。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回もYASHIKI / SAYATOMO 19SSのラインナップの中から

2019年1月〜3月にかけて発売を予定しているラインナップを中心に

サンプルの展示およびオーダーを賜り致します。

 

古くからニットの産地として名高い北関東・両毛地区で生産されるニット地のみを

用いて制作されるYASHIKIのニットウェア。

 

その特徴である数本の糸を束ねて編み込む"度詰編みニット"は

繊細な扱いを要する一般的なニットウェアとは異なるタフな仕上がりで

イージーケアが可能なクオリティに。

 

19SSシーズンでは春夏シーズンに相応しく

コットン100%のタフなニットウェアを。

 

 

毎シーズン好評を博しております"和"と"洋"の衣服の要素をミックスさせたニットコート。

春夏シーズンに相応しく肌触りのドライな鹿の子編みニットをベースとして

襟と身頃中央には型崩れが起こりにくミラノリブ編みに。

 

Samidare Knit Coat ¥42000+tax (2019年2月発売予定)

 

 

 

コートと同様に"和"と"洋"の衣服の要素をミックスさせたニットジャケット。

こちらも鹿の子編みとミラノリブ編みを組み合わせたデザイン。

 

Yukima Knit Jacket ¥38000+tax (2019年1月発売予定)

 

 

雪が解け、水路に水が流れ植物が芽吹き始めた

春の田をイメージしてデザインされた"Haruta Knit"。

Haruta Knit ¥24500+tax (2019年1月発売予定)

 

 

 

朧月が映える水面。

田植え前の鏡のような田んぼをイメージして和服とドリズラージャケットをミックスさせ

ゆったりとしたシルエットに仕上げた衿付きカーディガン。

 

Oboro Collar Cardigan ¥32000+tax (2019年2月発売予定)

 

 

 

流されて丸くなった石がつくる手取川の石の河原をイメージした鹿の子編みニット。
袖口と裾のリブは締め付けが無くルーズフィットシルエットに。

Kawara Knit ¥23500+tax (2019年2月発売予定)

 

 

 

18SSシーズンにFFC.EXCLUSIVEカラーが好評を博しました

Vネックタイプのカーディガンが1年振りにリリースされます。

 

19SSシーズンでは、一斉に芽吹き始めた新芽雨をイメージしたデザイン。

今回もFFC.EXCLUSIVEカラーの展開も予定しております。

 

Konome Cardigan ¥24500+tax (2019年2月発売予定) ※EXCLUSIVEカラー展開予定

 

 

 

水の流れや水滴を編み地で表現したショートスリーブニット。

首元のリブは着物を着たような合わせ衿をイメージしたデザイン。

4本取り12ゲージの度詰編みニットはドライな肌当たりとタフなクオリティで

夏の装いのヘビーローテーしションに。

 

Kyokoku Knit ¥19500+tax (2019年3月発売予定)※EXCLUSIVEカラー展開予定

 

 

 

継続的に展開されるニットポロ。

YASHIKIの定型である着用時に肩が落ちる着物型パターンワークを採用。

 

Satsuki Knit Polo ¥21500+tax (2019年3月発売予定)

 

 

Karusan Twill Pants ¥24500+tax (2019年2月発売予定)※EXCLUSIVEカラー展開予定

 

袴の一種でワタリにゆとりを持たせ裾が細い"軽杉"(かるさん)をベースにした"Karusan Pant"。

目の細かなコットンツイルを使用し、洗いを施し、春夏の装いに最適な軽くタフなクオリティに。

FFC.EXCLUSIVEカラーを展開予定。

 

Karusan Denim Pants ¥24500+tax (2019年4月発売予定)

 

Karusan Pantsを春夏の装いに相応しいリネン混デニムで。

軽くタフな質感、それに色落ちによる経年変化を愉しめるクオリティ。

 

 

 

ブランドスタート時から継続される"Hakama Slacks"。

薄く軽やかな肌触りのサマーウールスラックス生地を使用。

 

ウエストベルト部分やフロントタックは袴のデザイン要素を

更にスラックスとイージーパンツを掛け合わせた

上品でもリラックスした装いにフィットするバランスに。

 

Hakama Slacks ¥24500+tax (2019年3月発売予定)

 

 

 

毎シーズン販売から完売迄のサイクルが非常に早い

同ブランドのラインナップをじっくりとご覧頂けるINSTORE EXHIBITION。

 

耐久力が高く水洗いが可能なコットン100%度詰め編みのニットウェアが

中心となるSSシーズンのラインナップ。

春夏の装いのヘビーローテーションとなり得るイージーケアウェアを

一足早く抑えておいては如何でしょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

19SS YASHIKI / SAYATOMO

INSTORE EHIBITION at FFC

11月22日(木) 〜 25(日)の4日間

FFC.にて、19SS YASHIKI / SAYATOMOの展示&受注を賜ります。

 

展示対象商品の発売時期は2019年1月〜3月を予定しております。

受注の際には商品代金の一部(10%)を頂戴致します。

商品の受け渡し時に残りの商品代金(90%)を頂戴致します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

THANK YOU !!

FFC.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休



_ mellow.



 

 

 

 

 

THEE 19SS

INSTORE EXHIBITION

at FFC.

18 - 21th OCTOBER 2018

 

 

 

minimum, mellow and waves...

 

最小限のデザインで

心地良く揺れ動く

 

暗闇と色彩

 

いつもより柔らかい色目で

波のような曲線を描くシルエット

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

やわらかく、しなやかで

なめらかなドレープが生まれる

キュプラコットンビエラ。

 

生地の特性を存分に生かしたオーバーサイズガウンは

身体を心地良く包み込むような仕上がり。

 

 

 

 

 

素材感として"とろみ"のあるレーヨン布帛によるシャツ。

大きく設計されたアームホールはバルカラーコートをモチーフにしたバランスに。

 

シンプルな

"open collar shirts."

そして

脇の縫い合わせにテープ紐を通した

"anbivalent."

2型展開で。

 

 

 

 

 

 

 

グレンチェック柄にオーバーダイを施し

深みのある表情に仕上がったシャツジャケット。

 

袖口と後ろ身頃の裾にフライスを使用し

MA-1のフォルムを構築。

 

 

 

 

この度のEXHBITOINでは

THEE 19SS シーズンのラインナップの中から

FFC.が厳選した 5モデル10品番を展示。 

 

19SS シーズンのブランドの魅力を

またFFC.の提案を存分に堪能して頂ける内容に。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

THEE 19SS

INSTORE EHIBITION at FFC

10月18日(木) 〜 21(日)の4日間

FFC.にて、

THEE 19SSシーズンの展示&受注会を賜ります。

 

展示対象商品の発売時期は2019年1月〜2月を予定しております。

受注の際には商品代金の一部(10%)を頂戴致します。

商品の受け渡し時に残りの商品代金(90%)を頂戴致します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

STAFF WANT NOW.

正社員・契約社員・アルバイトスタッフを募集しております。

 

THANK YOU !!

FFC.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休

 



_ staff / internship wanted



 

 

 

 

_ STAFF WANTED NOW.

 

FFC.では

現在スタッフ及びインターンシップを募集しております。

 

 

 

 

【応募資格】

・当店の発信に共感頂ける方

・将来アパレルの分野での就業を決めておられる方

・販売・接客業務の経験がある方

・土曜・日曜・祝日に勤務が可能な方

・20歳〜30歳位まで (学生可)

 

【業務内容】

・接客・販売・店舗運営業務全般

 

【待遇】

・実績に応じ正規雇用有り。

・その他、経験・希望により考慮

 

ご応募につきましては

メールによるエントリーにてお受付致します。

 

氏名/年齢/職業/住所/電話番号/志望動機/自己PR/ご自身の写真の添付

 

以上を明記の上、以下のメールアドレス宛にお送りください。

選考の上、2週間以内を目処に

面接をさせて頂く方にのみに個別にご連絡させて頂きます。

 

info@freedom-from-commonsense.com

担当 : 青山

 

多くのご応募をお待ちしております。

 

THANK YOU !!

FREEDOM FROM COMMONSENSE.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休

 



_ object #01



 

 

 

 

NEW PROJECT by SOUMO

OBJECT #01 ANT

 

SOUMOのあたらしい試みは

ひとつの造形物として制作される "OBJECT" 。

 

ネイティブアメリカンより

制作技術を学んだ作家の手によってハンドメイドで制作される

シルバーの造形物は正円では無い歪な円。

 

それは自然物より形取られたカタチ。

 

 

そのカタチとは"鹿の角"。

 

鹿の角の断面の形状を鋳造し

シルバーで削りだした"OBJECT"

 

この度、

この"OBJECT"を

指を通して身につけられるリングとして

オーダーを承る受注会として催し致します。

 

 

33% 66% 100%

光沢度の違う三種類のフィニッシュから

お好きなサイズを選んでオーダーして頂けます。

 

OBJECT #01 ant ¥29,000+tax

 

製品サンプルは15,17,19号の3サイズ、

更に1号から28号迄のサイズゲージを

店頭にてご用意しておりますので指を通してお選び頂けます。

 

既に店頭にてサンプルを展示しております。

受注の賜り期間は7/15(日)迄。

 

 

SOUMOによる新しい試み

"身につけるOBJECT"

ぜひ店頭でお試しください。

 

 

 

 

STAFF WANTED NOW!!

 

THANK YOU.

FFC. AOYAMA

FREEDOM FROM COMMONSENSE.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休



_ Hasen.



 

 

 

 

18AW

YASHIKI / SAYATOMO

INSTORE EXHIBITION

6/21 (thu) - 6/24 (sun)

 

 

 

生まれ故郷に見た原風景に

思いを馳せた

YASHIKI / SAYATOMO のコレクション。

 

コレクションの中から

FFC.がセレクトしたアイテムを中心に

6/21(木) - 6/24 (日) の期間中

FFC.にて展示&オーダーを賜り致します。

 

 

 

 

雪に白く覆われた岩場をイメージして製作されたワッフル編みのカーディガン。

YASHIKIでは定番となりつつある丸首型で。

 

_Hisetsu Cardigan.

 

 

 

毎シーズン評価の高い着物型ニットコート。

 

激しい波が岩にぶつかることで生まれる白い泡。

海岸の強い風を受け、花吹雪のように舞い上がる"波の花"を

凹凸のある編み地で表現。

 

_Uminari Knit Coat.

 

 

 

この度、YASHIKIの新たな試みとなる

モール糸を使用した新たなニットウェア。

 

柔らかでふっくらとした質感を持ち

軽く温かな着心地に。

今回特に多くの皆さまにお試し頂きたいプロダクト。

 

袢纏(はんてん)をカーディガン風にアレンジし

和と洋をミックスしたYASHIKIが得意とするデザイン。

 

漁に出た船の帰りを待つ漁村の女性が着ていたような袢纏をイメージ。

 

_Nitibo Hanten Cardigan.

 

 

 

YASHIKIと共に

"SAYATOMO"のラインナップにつきましても

展示&オーダー賜り致します。

 _ Hakama Corduroy Pants (BEIGE / OLIVE)

 

ウエスト周りを袴(はかま)から着想を得てデザインされた"Hakama Pants"に

秋冬シーズンに相応しいコーデュロイを採用したモデルがラインナップ。

 

 

_ Hakama Wool Pants (BLACK / BROWN)

 

刺し子のようなステッチ柄が入ったウールスラックス。

肉厚で真冬の装いにも十分耐えうるクオリティに。

 

 _ Karusan Tweed Slacks (BROWN / BLACK)

 

袴の一種でワタリにゆとりがあり裾が細い軽杉(カルサン)をベースにしたスラックス。

立体感のあるクラシカルなチェックツイードを採用し"和洋折衷"を強く感じさせる仕上がり。

 

 

 

 

_ NAMINOHANA.

 

高い波が打ち付ける岩場

凍てつく冷気

厚い雲に覆われた冬の能登の海岸

 

ふと海に目を向けてやると

波の花が海から空へと綺麗に舞っていた

 

 

 

 

 

 

寒さが厳しく

雲に覆われた日々が続く

冬の北陸。

 

ゼロの焦点 (松本清張著) や 破船 (吉村昭著) に

描かれた場面が思い浮かびます。

 

この国の

海や山や平野。

それぞれの四季折々に根差した「暮らし」と「装い」。

そこに生まれる"個性"や"郷愁"を

身につける衣服の中に見つけてみる。

 

流行と少しだけ距離を置いて。

 

 

 

STAFF WANTED NOW!!

 

THANK YOU.

FFC. AOYAMA

FREEDOM FROM COMMONSENSE.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休

 

 

 

 



_ frontier.



 

 

 

 

 

 

INSTORE EXHIBITION

THIS WEEKEND.

 

 

THEE 18AW INSTORE EXHIBITION

"5 SENSES"

5/10 (thu) - 5/13 (sun) 

 

毎シーズン催していますTHEEのEXHIBITION。

18AWシーズンにつきましては

FFC.がセレクトした5モデルに特化にしたEXHIBITIONに。

 

1,double buton shirts.

 

2,rhythm.

 

3,drape band collor gown.

 

4,padded gown coat.

 

5,chester coat.

 

全ラインナップの内覧では無くても

観て、触れて、

ブランドの魅力を存分に体感できる5モデルです。

 

 

 

 

01 _double button shirts. (PURPLE /BROWN /STRIPE)

 

18SSシーズンに好評を博したダブルボタンシャツ。

経糸に100/2のギザコットン超長綿、緯糸に80/1コンパクト糸を使用した

ストライプ柄のコットンポプリンを使用。
フロントボタンは”拝みボタン”を採用。
ダブルボタンと組み合わせて幾通りもの掛け合わせを装いの楽しみに。

 

 

02 _rhythm. (STRIPE / GREEN CHECK)


“rhythm”が17AWシーズンよりアップデイトを加えられて復刻。

サイドに施したテープ紐でギャザーのようなアウトラインを形成するデザイン。
兵庫県西脇産のブロックチェック生地に新潟県にてシャギー加工を施し

柔らかに起毛させたコットンフランネルを使用。

 

 

03 _drape band collar gown. (PURPLE / BROWN )


50/1糸を使ったリヨセルのシャツ生地を洗いタンブラーにかけ、

更に生地の芯から揉み解し、軽く柔らかで、ドレープが美しく生まれる質感に

仕上げたロングシャツ。

左脇にはスラッシュポケット。

裾は変化を加えられるアシメトリーの形状に。

 

 

04 _padded gown coat. (NAVY / BLACK)

 

17AWシーズンでも展開されたガウンコートをベースに

60/2ウール糸を使用したトロピカルクロスによるパデッドコートに。

中綿には光発熱と赤外線放射による発熱・蓄熱性に加え抗菌性を備えた機能素材を採用。

裏地にはMA-1に採用される配色使いが採用されミリタリーテイストに。

 

 

 

05 _chester coat. (GRAY / BLACK)

 

経糸にウール緯糸にリネンを使用。

暖かさだけでは無く素材の風合いやタフさをも追求し

洗いを施すことで立体的な表情を持たせたヘリンボーン生地に。

フロントは変則的なダブル仕様でリラックスフィットからスリムフィットへと

シルエットに変化を加える装いに。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ブランドの全ラインナップでは無く

FFC.が特に発信したいと感じた5つのプロダクトに特化したエキシビション。

 

ブランドのラインナップをなるべく幅広く

ブランドのすべてを伝えられたら...

そういう思いが強かった時期もあったのですが

 

現在では

信頼のおけるハイクラスなブランドから

FFC.の提案と”響き合うアイテム”を厳選して提案したい。

そういう思いがとても強いのです。

 

ブランドスタート時より

提案を続けてさせて頂いている"THEE"。

 

これまでの歩みがあってこそ生まれた

ストーリーを紡いだようなファブリックやディテール。

今回厳選した5モデルそれぞれに宿っています。

期待してください。

 

 

 

 

THANK YOU !! 

FFC. AOYAMA

FREEDOM FROM COMMONSENSE.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休

 

 

 

 

 

 

 



_ embroidery tee.




embroidery tshirts / ryo matsuoka
2018.04.28. (sat) on sale

 

ヘービーウェイト無地Tシャツ一点一点に、

アーティスト・松岡亮の手による刺繍が施された

世界にひとつだけの”embroidery tshirts”。
4/28より発売致します。

 

BODY : WHITE,GRAY,BLACK,

SIZE : M,L.XL,

PRICE : ¥6500 (税込)

 

それぞれひとつひとつに

異なる刺繍が施されています。

 

 

BLACK / size L

 

GRAY / size L

 

BLACK / size M

 

BLACK / size XL

 

GRAY / size M

 

WHITE / size L

 

BLACK / size L

 

WHITE / size XL

 

 

アートと衣服とFFC.。

この繋がりに共感してくれたミュージシャン・NAGAN SERVER氏をモデルに

”embroidery tshirts”のSPECIAL PHOTOを撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"ryo matusoka" というアーティスト。

 

? ? 

果たして

”アーティスト”と呼ぶのが相応しいのだろうか。

 

絵を描く

手で、指で、

糸と針で。

 

旅をする、

酒を呑む、

肴をつまむ、

 

言葉を紡ぐ、

家族を愛でる。

 

 

最初に松岡氏と出会ったのは

まだFFC.をスタートする以前に

偶然の出来事で

氏の作品の展示されている会場で

製作者本人とは露知らず

言葉を交わしたのが最初。

 

そんなこちらの無礼など

無かったことのように

気さくに

丁寧に

話をしてくれたことを憶えている。

 

そしてその作品。

絵。色。糸。布。かたち。

絵と

その拡がり・繋がり。

絵と人・家族。

....

 

その後、

交流呼べるほどのことは無くっても

その活動を

メールマガジンやSNSで追いかけていた。

 

そして

そのほとんどが偶然に

氏の作品や

共通の知人との関わりいくつか生まれたり

 

 

"衣服"というものが

FFC.とそこに注目して頂いている方々との

もっとも重要なキーになるものとなっていて

 

その衣服を通して ryo matsuoka の作品を

発信できる機会がここに生まれたことを

とっても嬉しく思っています。

 

 

 

アーティストやその作品について

第三者が言葉で説明する

それほど野暮なことは無いかと思っており

ryo matsuoka HP "kotoba" より

それらしさが存分に現れた言葉を

転載させて頂きます。

 

http://www.ryoart.com

 

*************************************

 

 

 

描く

 

腕を切られる

 

脚で描く

 

脚を切られる

 

髪で描く

 

髪をぬかれる

 

舌で描く

 

舌を切られ死ぬ

 

 

これは技術ではない。

芸術でもない。

方法でもない。

哲学でもないし。

音楽でもない。

これは。

 

これは「まるかいてちょんまるかいてちょん。おまめにねがでてうえきばちー。」だ。

 

パンクでもないし。

ユーモアでもない。

真実だ。

あなたと何も変わらない。

 

 

*********************************

 

ただただ描く。

出会ってくれて、ありがとう。

 

松岡亮

 

 

 

 

 

THANK YOU !! 

FFC. AOYAMA

FREEDOM FROM COMMONSENSE.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
13:00~20:00
水曜定休

 

 

 

 

 

 

 



_ voice.



 

 

 

 

04.29 (sun)

12:00 - 13:00

 

ゲストにクリエイターを招いて

 

talk (会話 / 対話),

preview (内覧)

interaction (相互の影響),

 

3つの要素をテーマとしたイベント "YOUR SENSE"

催し致します。

FFC. 5周年を記念としての新たな試みです。

 

 

#01のゲストとしてお招きするのは

SOUMOデザイナー・山本雄太氏。

 

ブランドについて

デザインについて

ものづくりの背景について

デザイナーという仕事について

 

ご来店くださいました皆様に

じっくりとお話を聞いて頂ければと思っています。

 

更には

未発表の新作のプレヴュー

また"BIG TUCK CHINO"につきまして

従来のカラー"BEIGE"に加え新色のプレヴュー&受注を賜ります。

 

BIG TUCK CHINOの受注につきましては

当日4/29(日)より5/6(日)まで店頭にて賜り致します。

WEB予約は4/30(月)より予定しております

※受注数が受注定数に達しますと終了致します。

 

 

そして

この催しをスタートするに至った経緯につきましても

少しここに記しておきたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

"CREATER"  to  "CUSTOMER"

 

衣服

インテリア

オブジェ

暮らしの道具...

 

クリエイターから消費者へと

SHOPとして

発信者として

 

WEBを通して

SNSを通して

バイヤーやショップスタッフを通して

モノを伝えてゆく過程で

情報の本質が薄れてゆくような気がしていて

 

ブランドの方向性,

素材や生産工程の背景,

製品のメンテナンス,

...

WEBやSNSには載せられない

直に言葉を交わすからこそ伝えらること

 

クリエイターとカスタマーが

直に、

双方向に意思を交わす機会として。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

また現在

大学生の方にとっては就活シーズンですが

当店のお客様にも多くの就活生の方がおられます。

服が好きという方が多く、アパレル業界への就職をお考えの方が多いです。

社会人の方で、

別業種からアパレル業界への転職をお考えの方も多いです。

 

そういった方々のお話をお伺いしていますと

作り手側の人と接する機会が無く

働き手としてのイメージが湧きにくいという様な声もよく耳にします。

 

私たちにとっては

将来アパレル業界への就業をお考えの方にも

作り手の話を聞くことができる機会として

ぜひご参加頂きたい催しです。

 

今回の催しは

商品のプレヴューや受注の賜りも致しますが

クリエイターとカスタマーとの

 

"TALK"= "会話 / 対話" 

"INTERACTION" = "相互の影響" 

 

にも重きを置いていますのでオーダーをお考えで無いという方も

気兼ねなくご参加頂きたいと思っております。

 

 

FFC. YOUR SENSE #01 YUTA YAMAMOTO / SOUMO

OPEN : 11:45 〜

EVENT( TALK / PREVIEW ) : 12:00 〜 13:00

通常営業 : 13:00 〜 20:00

 

 

THANK YOU !!

FREEDOM FROM COMMONSENSE.
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-6-3田口ビル2F
TEL 06-6241-4570
12:30~20:00
水曜定休